So-net無料ブログ作成

日本創新党と「立場違う」=国政とは一線−橋下大阪知事(時事通信)

 大阪府の橋下徹知事は20日、東京都杉並区の山田宏区長らが結成した「日本創新党」との関係について、「立場が違う」と述べ、応援活動などは行わない考えを示した。府庁内で記者団に語った。
 同知事は、創新党の代表幹事を務める中田宏前横浜市長と同日朝、電話で会談したことを明らかにした。その上で、地域主権の確立など、同党の取り組みの方向性には賛意を示しつつも、自身が代表となって発足させた地域政党「大阪維新の会」が大阪府・市再編を目指している点を強調。参院選での議席獲得を目標とする創新党とは目的が異なると指摘した。 

【関連ニュース】
「新党の話してない」=橋下、東国原知事と接触
「地方からの改革を注視」=経団連会長
国民新・自見氏「首長新党はシーラカンス」=共産・市田氏も批判
橋下新党「大阪維新の会」発足=府市再編や伊丹廃港、旗印に
「首長新党」に関心=枝野行政刷新相

普天間移設 米次官補来日 徳之島案を来週協議 ヘリ部隊分散を念頭か(産経新聞)
「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)
抗うつ薬サインバルタを新発売―塩野義とリリー(医療介護CBニュース)
<火山噴火>成田も欧州便の欠航拡大(毎日新聞)
本屋大賞 冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)

「漱石の思い出」を紹介 新宿区(産経新聞)

 新宿区は文豪、夏目漱石が晩年を過ごした同区早稲田南町の住居「漱石山房」と、そこに集まった弟子たちを紹介する小冊子「漱石山房の思い出」を発行した。区立図書館などで1万部を無料配布している。

 小冊子は漱石の生涯、家族、山房での暮らし、弟子たちとのエピソードなどを写真を交えて紹介。区内の漱石ゆかりの場所や作品に登場した寺社、坂なども取り上げ、「漱石まち歩き」が楽しめるよう構成されている。A5判、36ページ。

 「漱石山房」は漱石が大正5年に永眠するまで9年間暮らし、「三四郎」「それから」など代表作を執筆した場所。毎週木曜日には寺田寅彦、芥川龍之介ら弟子たちが集まり、漱石と議論や歓談し、親交を深めたとされる。

オートバイ突っ込み歩行者4人負傷 東京・赤羽(産経新聞)
改正道交法 70歳以上の死亡事故割合、10年で倍増(毎日新聞)
<1Q84>発売開始 ファン次々と(毎日新聞)
自民、参院選比例代表に中野前衆院議員を公認(産経新聞)
<枝野担当相>「国民生活センター」訪問 仕分け対象の候補(毎日新聞)

また幼児虐待?大阪・堺で男児死亡…顔に打撲跡(読売新聞)

 14日午前5時半頃、堺市堺区中向陽町のアパートに住む1歳6か月の男児の母親(21)から、「(室内で)子どもが冷たくなっている」と119番があった。

 男児は心肺停止状態で、約30分後に搬送先の病院で死亡が確認された。男児の額には打撲のような跡があり、府警堺署は、虐待を受けていた可能性もあるとみて調べている。母親は「起きたら呼吸をしていなかった」と話しているという。

 発表によると、男児は、飲食店勤務の母親と2人暮らし。男児は、同じ年頃の子供に比べ、かなりやせていたといい、同署は、同日夕にも司法解剖し、死因の特定を進める。

 堺市消防局によると、救急隊員が駆けつけた際、母親が男児を抱えて玄関から出てきて、「午前2時頃、まばたきしている様子をみて、自分は寝たが、同5時頃に起きると、息子の手足が冷たく、呼吸をしていなかった」と説明したという。

「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件
3死体遺棄容疑者、被害者宅で「絞殺」と供述(読売新聞)
「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)
春なのにブルッ…百貨店、コート売り上げ4割増(読売新聞)
100円ライター消える? 幼児事故多発…来月中にも安全基準強化(産経新聞)

「鳩山首相、4年は続けて」…菅財務相(読売新聞)

 菅副総理・財務相は12日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、鳩山首相について「首相は少なくとも4年間は同じ人物が続けるべきだ。鳩山首相にも少なくとも4年間は続けてほしい」と述べた。

 渡部恒三・元衆院副議長が7日の同協会での講演で、「ポスト鳩山」の最有力候補に菅氏を挙げたことについては「少し鳩山さんを刺激して元気を出させようとする(渡部氏の)親心だ」と語った。

平沼新党参加の藤井氏が自民に離党届(産経新聞)
北海道で震度4(時事通信)
<沖縄返還文書訴訟>日米密約認め、国に開示命令 東京地裁(毎日新聞)
<訃報>鍋谷鉄巳さん80歳=元体操五輪選手(毎日新聞)
皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)

<事後強盗>容疑でJR東車掌逮捕 花見客の財布盗む 上野(毎日新聞)

 上野公園(東京都台東区)で花見をしていた女性から財布を奪い殴ったとして、警視庁上野署は5日、東京都板橋区氷川町、JR東日本東京支社車掌、筒井太一容疑者(23)を事後強盗容疑で現行犯逮捕したと発表した。筒井容疑者は「奪った記憶はないが、気付いたら財布を持っていた」と容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は、3日午後6時20分ごろ、上野公園内で花見をしていた女性会社員(31)の手提げバッグから現金約3万円が入った財布を奪い、被害に気付き追いかけた女性の頭を殴ったとしている。

 上野署によると、筒井容疑者は同僚らと花見をしており酒に酔っていた。女性の知人の男性会社員(24)がその場で取り押さえ、110番で駆けつけた上野署員に引き渡した。

 JR東日本東京支社は「当社の社員がこのような事件を起こし誠に遺憾。社内の規則に従い厳正に対処したい」とコメントした。【神澤龍二】

【関連ニュース】
公務執行妨害:パトカーに軽ワゴン車衝突、黒人少年逮捕
強盗:新婚旅行資金奪われる 路上で28歳女性 北九州
強奪:3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜
強盗:パチンコ店から300万円と景品 東京・江戸川
強盗容疑:万引きし外へ、呼び止められ暴行 小学教諭逮捕

<出資法違反>ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査(毎日新聞)
学校警備員、継続ピンチ 大阪府の防犯助成終了へ(産経新聞)
臨床検査技師国試、合格率は67.8%(医療介護CBニュース)
雑記帳 「国内初のクレーター」公式認定めざし論文(毎日新聞)
<殺人>アパートで68歳男性死亡 青森・十和田(毎日新聞)

<シー・シェパード>船長を艦船侵入罪で起訴へ 東京地検(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」メンバーが、南極海で日本の調査捕鯨船の監視船「第2昭南丸」に侵入したとして逮捕された事件で、東京地検は抗議船「アディ・ギル」号の船長だったニュージーランド人、ピーター・ベスーン容疑者(44)を艦船侵入罪で起訴する方針を固めた。国際的にも注目を集めたSSの過激な抗議活動が日本の法廷で裁かれることになる。

 裁判がSSによる反捕鯨のPRに利用される懸念があり、検察内部には当初、起訴に慎重な意見もあった。だが、逮捕に対する国際世論の反発が高まっていないことに加え、薬品入りの瓶を投げ入れたりする過激な行為を看過できないと判断したとみられる。傷害や威力業務妨害などの容疑についても立件の可否を検討している。

 ベスーン容疑者は2月15日午前9時ごろ、水上バイクで第2昭南丸に接近し、防護ネットをナイフで破って船内に侵入した疑いがあるとして海上保安庁に逮捕された。

【関連ニュース】
シー・シェパード:監視船が下関入港 水産庁が調査
シー・シェパード:抗議船船長の拘置延長
シー・シェパード:第2昭南丸船長ら告訴
シー・シェパード:抗議船船長の拘置決定
シー・シェパード:捕鯨監視船を実況見分 容疑者立ち会い

<島根原発>123カ所で点検漏れ 1号機の運転停止(毎日新聞)
週内にも特区の実態調査へ―枝野担当相(医療介護CBニュース)
第一生命上場、大いに期待=官房長官(時事通信)
日米密約 外務省有識者委員らを招き質疑 衆院外務委(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>日本に捜査員を派遣へ 中国公安当局(毎日新聞)

日医会長選に4人が立候補(医療介護CBニュース)

 日本医師会は3月25日、投開票が4月1日に行われる役員選挙に出馬する会長、副会長、常任理事などの候補者を発表した。会長選挙には、現職の唐澤祥人氏ら4人が立候補した。

 いずれも任期は4月1日から2012年3月31日まで。役職ごとの候補者は次の通り(敬称略)。

【会長】(定数1人)
金丸昌弘(京都府)、唐澤祥人(東京都)、森洋一(京都府)、原中勝征(茨城県)

【副会長】(定数3人)
松原謙二(大阪府)、中川俊男(北海道)、横倉義武(福岡県)、内田健夫(神奈川県)、羽生田俊(群馬県)、中嶋寛(三重県)、吉原忠男(埼玉県)、多田羅浩三(大阪府)

【常任理事】(定数10人)
川島周(徳島県)、石井正三(福島県)、藤川謙二(佐賀県)、今村定臣(長崎県)、川出靖彦(岐阜県)、保坂シゲリ(神奈川県)、鈴木邦彦(茨城県)、三上裕司(大阪府)、石川広己(千葉県)、今村聡(東京都)、前田美穂(東京都)、新田國夫(東京都)、高杉敬久(広島県)、樋口正士(福岡県)、葉梨之紀(神奈川県)、石渡勇(茨城県)、青木重孝(三重県)、千葉潜(青森県)、飯沼雅朗(愛知県)

【理事】(定数13人)
鈴木勝彦(静岡県)、小森貴(石川県)、池田琢哉(鹿児島県)、井上雄元(千葉県)、井戸俊夫(岡山県)、長瀬清(北海道)、笠原吉孝(滋賀県)、小山田雍(秋田県)、大西雄太郎(長野県)、宮城信雄(沖縄県)、鈴木聰男(東京都)、川島龍一(兵庫県)、森下立昭(香川県)

【監事】(定数3人)
伊東潤造(宮城県)、嶋津義久(大分県)、妹尾淑郎(愛知県)

【裁定委員】(定数11人)
舳松洋(東京都)、鈴木弘祐(千葉県)、小谷秀成(岡山県)、福田孜(富山県)、山本光興(東京都)、佐々木繁(新潟県)、島田保久(北海道)、佐々木義樓(青森県)、油谷桂朗(京都府)、宮川政久(神奈川県)、秦喜八郎(宮崎県)


【関連記事】
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに





外国人初の看護師合格=経済連携協定で受け入れ−厚労省(時事通信)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
米医療保険改革を評価=長妻厚労相(時事通信)
東京・江東区の死亡ひき逃げ タンクローリーの男性運転手を書類送検(産経新聞)
<広島市議会>五輪の予算を削除 特別委で可決(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。