So-net無料ブログ作成

赤ちゃんポスト、3年目は15人=虐待の疑い例なし―熊本市(時事通信)

 熊本市は25日、育児が困難な親が匿名で乳児を託せる慈恵病院(同市)の「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」に、2009年度は15人が預けられたと発表した。虐待が疑われる例はなかった。
 市によると、預けられたのは男児6人、女児9人。推定年齢別では、新生児が13人、生後1カ月から1年未満1人、1歳以上1人だった。
 児童相談所の調査などで、乳児14人の親が判明。居住地は九州が3人、中国が2人、近畿が2人、中部が2人、関東が5人で、熊本県内からの利用はなかった。
 利用した理由(複数回答)は、「戸籍に子供を入れたくない」「未婚」がそれぞれ6人で最も多かった。このほか、「不倫」「親の反対」「パートナーの問題」などがあった。 

【関連ニュース】
中学生2人が放火の疑い=昭和初期の洋館全焼
復元住居を壊す、中学生送検=器物損壊容疑
赤ちゃんポスト「やって良かった」=運用3年で病院会見
元夫を遺棄容疑で逮捕=殺害も示唆、空き家の女性遺体
死亡女性、DV被害を相談=元夫から聴取

<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
がん検診、受けたい気持ちにさせる仕掛けとは(医療介護CBニュース)
建設弘済会など検証=公益法人仕分け3日目―刷新会議(時事通信)
<濃霧>九州北部で発生 関門海峡は入航中止(毎日新聞)
タクシー運転手殺害 メーター焼け売上金奪われる 神奈川(毎日新聞)

<ハナショウブ>ひょうたん池に鮮やかな黄色 山口・住吉神社に開花(毎日新聞)

 山口県下関市一の宮住吉の住吉神社で、ハナショウブ(アヤメ科)のつぼみが開きだした。今月20日ごろ、見ごろを迎えるという。

 神社境内の広場にある「ひょうたん池」(約100平方メートル)に、高さ50〜100センチ前後の花が約500本。12日早朝、つぼみが膨らみ始め、昼過ぎには池一面を覆うように鮮やかな黄色の花でいっぱいになったという。

 例年より開花が遅く、6月下旬まで楽しめそうだ。【尾垣和幸】

【関連ニュース】
<写真特集>毎日植物園・春
アカヤシオ:ピンクの大波…三重・御在所岳
九年庵:新緑の庭園、初の一般公開 佐賀・神埼
ツツジ:鮮やかに咲き競う 東京・根津神社

入管 収容者が待遇改善求めハンスト 今月10日から(毎日新聞)
大久保元秘書、午後に聴取=小沢氏処分近く協議−陸山会虚偽記載・東京地検(時事通信)
国側、和解協議入り表明=救済策提示は見送り―B型肝炎訴訟・札幌地裁(時事通信)
連立離脱の覚悟促す声も=社民(時事通信)
体力テスト結果、大阪府は市町村別のみ公開(産経新聞)

反捕鯨団体捜査 豪法相が協力表明(産経新聞)

 中井洽国家公安委員長は6日、連休中に訪問したオーストラリアで会談したマクレランド法相が、調査捕鯨船妨害事件で東京海上保安部が傷害容疑などで逮捕状を取った反捕鯨団体「シー・シェパード」代表のポール・ワトソン容疑者に関する捜査への協力を表明したと明らかにした。

 中井氏の協力要請にマクレランド法相は「捕鯨に対する考えは(日豪間で)別だが、破壊行為は断固許すべきではない。日本側の立場を断固支持し、協力したい」と述べたという。

【関連記事】
「クジラを食べるな」DNA鑑定まで駆使し“日本食監視”
「調査捕鯨監督官」古川紘子さん 重要さ、公正さ知ってもらいたい
外交切り離し捜査 SS元船長起訴で検察側
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
イルカ漁は法令に基づく伝統的漁業 「ザ・コーブ」踏まえ政府が答弁書決定
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

「スクリーム」の覆面男、コンビニ強盗も店員「嫌だ」で逃走(スポーツ報知)
新型インフル1年 “本物の危機”への対応は?(産経新聞)
名神で男性はねられ重傷 事故起こし車外歩行中(産経新聞)
鳩山首相元秘書の有罪確定=偽装献金事件−東京地裁(時事通信)
電子書籍は本当に便利か 日本人は紙の本への愛着が深く…(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。